耐震診断・耐震補強設計・監理 │ 株式会社MTK(大阪・神戸・京都・滋賀のマンション大規模修繕)

  • 会社案内
  • MTKの強み
  • 業務実績
  • 改修ビフォーアフター
  • 新着情報

大地震に備え、建物の耐震診断・耐震補強工事を  行うことが求められています。

株式会社MTKでは、旧耐震基準(1981年以前)により建設された建物について、建物の耐震性を診断して、耐震補強に関する最適なアドバイスをご提案いたします。数多くの実績に基づいた的確な診断と提案力で、管理組合様の大切な建物の資産価値の向上を図ります。

予算、住環境の維持・公平性を考慮した設計が必要です。
予算、住環境の維持・公平性を考慮した設計が必要です。

耐震診断、耐震補強設計、耐震補強工事を行うには多額の費用が必要となります。そのため、行政からの補助金も当然に考慮しながら、「予算とどう折り合いをつけるか」「どこまで工事を行うのか」という議論を慎重に進めなければなりません。これまで多数の耐震診断、設計・工事監理を行ってきたMTKなら、そうしたご予算や住環境を踏まえた最適なご提案が可能です。また、補強箇所や工法を選定する際は、意匠性や住環境性能(日照・居住性)の確保はもちろん、居住者様がお住まいの中で工事を進めていくための生活環境の保護などを念頭に、住民の皆様全体の合意形成を図りながら進めてまいります。

耐震診断

旧耐震基準(1981年以前)により建設された建物に大きな地震が来たとき、被害が生じるか否かを判断するには、耐震診断を行う必要があります。
耐震診断とは、現地調査と建物図面に基づき求めた現状の耐震性能と、大地震時に必要な耐震目標性能とを比較して、耐震改修の要否を判定する診断のことです。

図面照合調査、ひび割れ・劣化調査、コンクリートコア圧縮試験、中性化深さの測定、不同沈下測定などを行い、建物の強さや粘り、形状、劣化状況といった総合的な観点から、耐震性を評価します。

不同沈下測定状況

不同沈下測定状況

コンクリート供試体採取状況(1)

コンクリート供試体採取状況(1)

コンクリート供試体採取状況(2)

コンクリート供試体採取状況(2)

耐震診断結果(一部例)

耐震診断結果(一部例)

耐震補強設計

耐震診断の結果を踏まえ、最も倒壊の危険性が高い箇所のみを補強する案や、建物全体を補強する案など、これまでの豊富な実績に基づいたよりよいご提案をさせていただきます。耐震補強設計においては、ご予算、耐震性の向上効果、意匠性や住環境性能(日照・居住性)の確保、工事中の生活環境の保護など、様々な要素を考慮する必要があります。よりベターな案を採択していただけるよう、皆様の合意形成を図りながら慎重に進めてまいります。

耐震補強1案 概略版イメージ

耐震補強1案 概略版イメージ

耐震補強1案 詳細版イメージ

耐震補強1案 詳細版イメージ

工事監理

耐震補強工事には多額の費用がかかります。その費用が無駄になることのないよう、MTKが「設計通りの仕様で施工されているか」「品質面や安全面は問題ないか」「計画工期通りに進んでいるか」などを、第三者の観点からしっかりとチェックいたします。

アンカー固着力試験

アンカー固着力試験

耐震壁 新設工事状況

耐震壁 新設工事状況

柱 繊維シート巻き付け状況

柱 繊維シート巻き付け状況

柱 増打状況

柱 増打状況

補強後の化粧直し状況

補強後の化粧直し状況