特殊建築物等定期調査報告・長期修繕計画の作成 │ 株式会社MTK(大阪・東京・京都・神戸を拠点のマンション大規模修繕)

  • 会社案内
  • MTKの強み
  • 業務実績
  • 改修ビフォーアフター
  • 新着情報
  • 特殊建築物等定期調査報告
  • 長期修繕計画の作成、見直し

特殊建築物等定期調査報告

建築物は、経年によって建物本体の劣化や設置されている設備の性能低下が起こります。定期報告の目的は、建築物の劣化状態や防災上の問題を早期に発見し、危険を未然に防ぐことです。建築物の所有者・管理者は、その建築物の敷地・構造および建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならないとされています。また、特定行政庁が指定する建築物の所有者・管理者においては、定期的に専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。

定期報告には、建物を対象とする特殊建築物等の調査報告と建築設備の定期検査、昇降機などの定期検査があります。MTKでは、特殊建築物等の調査報告と建築設備の定期検査を実施させていただいております。

特殊建築物等調査報告は、何を調査報告するの?

建築物の劣化状態や防災上の問題がないかを調査し、報告いたします。

  • 建築物周辺の敷地や地盤についての事項
  • 看板や外壁の落下の恐れの有無、屋上防水などの建築物の外部についての事項
  • 防火戸や天井、シャッターの作動・安全性確認など、建築物の内部についての事項
  • 避難経路の確保や排煙設備、非常用の照明装置が点灯するかなどの避難設備についての事項
  • アスベストの使用状況
日常の維持保全や定期調査・検査を怠ると・・・
  • 外壁の落下など思わぬ事故が発生し、管理組合の管理者(理事長など)が
    社会的な責任を問われる場合があります。

  • 火災や地震などの災害の際に避難に支障が出たり、必要な設備が作動せず
    災害が拡大したりするなど、人命に危害を及ぼすことになりかねません。

信頼と実績のMTKにお任せください。

MTKでは3年に一度の業務集中期には、年間300件を越えるマンションの特殊建築物等調査報告を行っております。信頼と実績に裏づけされた業務品質を守りながら、業務効率化を最大限に図ることで、皆様の費用負担を最小限にする低コスト化を実現しております。
ぜひ、特殊建築物等調査報告はMTKにご用命ください。

長期修繕計画の作成

「長期修繕計画(長計)」とは、マンションの「どこを」「いつ」「どの程度の予算で」修繕する必要があるのか、修繕積立金と収支のバランスはどうするのかを、25年~30年先の長期的な視点でシミュレーションした計画書です。

正しい長期修繕計画がないと、「過剰な工事」を繰り返す、計画性のない場当たり的な修繕をせざるを得なくなり、資産価値が保てないばかりか、結果としてコストが高くつき、修繕積立金不足に繋がりかねません。

昨今、分譲マンションの「修繕積立金の不足」が深刻な社会問題になっています。また、東京都では2020年4月から管理組合に管理費や修繕積立金の報告を義務付けるなど、各行政も本格的な対策に乗り出しています。

MTKではこれらの問題に対応するために、それぞれのマンションの特色や居住者様のライフスタイルに適した正しい長期修繕計画を作成し、長期修繕計画プランナーが正しく実行管理をして参ります。
一般的に推奨されている修繕周期・修繕仕様に則って長期修繕計画を作成するのは難しいことではありません。しかし、それではあくまで一般的な周期、仕様であるので、当然マンション毎に劣化状況や新築時の時代背景や建築・設備仕様といった原状は異なります
MTKでは一級建築士が確かな技術と知識を持って、劣化具合を確認しながら必要な時期に修繕を行うよう適切な長期修繕計画の作成し、場当たり的な割高修繕や必要以上の予防保全的な仕様をなくし、費用負担の低減を実現してまいります。

長期修繕計画室の設立

MTKでは「修繕積立金不足」などの社会問題に対応するために、長期修繕計画室を設け、マンションごとに適切な長期修繕計画を作成し、マンションの諸問題解決に貢献をしてまいります。

■MTK仕様の長期修繕計画書の作成と実行

  • ・国土交通省ガイドラインに基づいた長期修繕計画の作成
  • ・適切な修繕積立金のシミュレーション
  • ・国土交通省のガイドラインよりも20%の費用削減を目標にした長期修繕計画の作成
  • ・マンション毎のハザード情報の提供(地震・津波・洪水・土砂・台風)
  • ・各種セミナーの開催(新着情報をご覧ください)

詳しくはこちらからお問い合わせください

ご相談・お問い合わせ

長期修繕計画書

長期修繕計画シミュレーション